top of page
  • cs16771

【タイ語学校を選ぶ】チュラロンコン大学タイ語コースってどんなところ?                     

更新日:3月23日






タイ語学校

 タイ語学校選びはいろいろ選択肢があって悩んでしまいますね。

どんなところがあるか、どんな学び方があるか…


今回は、2023年にタイの東大『チュラロンコン大学』のタイ語コースに通われた駐在員N.S様の受講体験談をお伝えいたします。


 


タイ語学校 チュラロンコン大学のタイ語コース

 

1.チュラロンコン大学タイ語コースの概要

 


 タイの東大と呼ばれるチュラロンコン大学(以下、チュラ大と記載)が開催する外国人向けタイ語集中講座。


 1~9までの9つのレベルに分かれており、レベルが上がるごとに難易度は上がっていきますが、大きな括りとして、初級クラス(1~3)、中級クラス(4~6)、上級クラス(7~9)というレベル分けになっています。


  オンサイトの他に、オンライン授業コースも用意しており、日本から受講することもできます。



 

2.受講期間・受講時間

 


【 受講期間 】

 各コースは、1日3時間、週5日(月~金、祝日除く)、6週間で集中して受講する短期集中型のプログラムです。合計100時間の講義となります。



【 受講時間 】 

 1日3時間、午前(9:00-12:00)または午後(13:00-16:00)のコースに分かれています。


 平日は毎日タイ語に触れることになるためタイ語力の成長は間違いないです。ただし、授業は日中に限られているため、駐在員の受講は現実的に厳しいと思います。


著者(以下、私)は、会社の語学研修として6ヶ月間タイ語学習期間を与えられ、レベル3~レベル5までの3コースをオンサイトで受講しました。 



 

3.応募~入学初日までの流れ

 


【応募 】

 チュラ大INTENSIVE THAIサイトにあるENROLLMENTページから応募します。



【授業料支払い 】 

 サイト内で記載されている所定の口座への振込、クレジットカード決済、いずれかの方法で授業料を支払います。支払いが確認されないと対応してくれないため、なるべく早く支払うことをおすすめします。


   

【受講料 】 

 授業料は、オンサイトコース29,500バーツ、オンラインコース23,000バーツです。 



【PLACEMENT TEST受験&タイ語自己紹介動画提出 】 

 応募者のタイ語力を確認し、実力にあったクラスで受講してもらうために、入学前に以下2つの課題をする必要があります。私はレベル3からの入学となりました。

  • PLACEMENT TESTの受験:全てタイ語、合計50問のテスト。

  • タイ語自己紹介動画の提出:尺は約2分。


【入学初日 】

 チュラ大から受講するレベルやスタート時間等についての案内がメールで送られてくるため、それに従って初日を迎えます。



 

4.各コースの卒業要件

 

 上述の通り、私はレベル3コースから入学してレベル5までの3コースを約5ヶ月間で受講しました。

受講期間中に「小テスト」「プレゼン」「ライティングの宿題」があり、それぞれの点数と、期末にある最終テストの点数の合計点が60点以上(100点満点)であれば、そのコースを卒業でき、希望があれば次のレベルに進学することができます。


 真面目に受講していれば特段問題なく卒業できる難易度ですので安心していただいて大丈夫です。



【受講期間中】

  • 小テスト(4回)

  • プレゼン(4回)

  • ライティングの宿題(4回)


【期末 】 

  • 最終テスト


 

5.コース紹介・レベル3

 


【 生徒について】

 生徒数10名弱のクラスが2クラス。生徒はアジア人が中心ですが、一部欧米系の生徒もいて国際色豊かでした。もう1つのクラスには日本人が4名いましたが、私のクラスでは、日本人は私だけで、韓国人3人、中国人1人、香港人1人、台湾人1人、オーストラリア人1人、イギリス人1人の合計9名だったと記憶しています。年齢は私が一番年下で28才、上が55才程でした。


 タイ語を学ぶ理由は様々で、奥様がタイ人でタイ語でコミュニケーションを取りたい、旦那様がタイに駐在していて生活で困らない程度のタイ語を習得したい、タイドラマが好き、将来タイで仕事がしたい、などなど。


 最初は皆、距離感があり、レベル2を卒業し進級してきた一部の生徒たちがすでに親交があるため仲が良いという感じでした。しかし、平日は毎日同じ教室で授業を受けるので、徐々に仲が良くなっていき、カフェで一緒に勉強したり、金曜の授業終わりに先生も交えて皆で飲みに行ったり、ととても親密な関係になることができました。


 生徒間の会話はタイ語か英語が中心で、入学当初タイ語も英語も未熟であった(今でもまだまだですが(笑))ため、コミュニケーションに少し苦労しましたが、意外と慣れてくるものでコースも後半に差し掛かる頃にはある程度スムーズに会話できるようになっていました。



【先生について 】 

 5人の先生が曜日ごとに交代で教団にたちます。先生の多くは、チュラロンコン大学文学部言語学科の院生で、年齢は20代なかば~30代前半くらい。とても親しみやすいし、説明もとてもわかりやすかったです。レベル3は英語とタイ語を交えながら説明してくれます。



【授業について 】 

 授業の内容は、タイの歴史や文化など様々なテーマに関するタイ語の文章を先生と一緒に読み進めていくというものです。だいたい3日9時間で1つの文章を読み終わるというスケジュールになっていたはずです。


 文章はすべてタイ語であるため、当然タイ文字を習得していないと全くついていけません。文章の中で多く新出単語が出てくるため、単語力強化にも繋がります。


 文章読解の他に、リーディング・リスニングだけでなく、ライティング・スピーキング力向上を目的とした、ライティングの宿題(4回)、プレゼン実施(4回)、等があります。



 

6.コース紹介・レベル4

 


【 生徒について 】

 生徒数14名の1クラスのみとなった。レベル3から進級してきた生徒の他に、アメリカ人2人、オランダ人、中国人1人、香港人1人、日本人1人、が新しく入学してきた。レベル4に編入してきた彼らは、皆1年以上のタイ語学習歴があり、タイ語のレベルは非常に高かったです。


 レベル3から進級してきた生徒たちとはすでに仲がよく、日本人も多かったため、最初から仲がいい雰囲気で、レベル3のときと同じように、飲み行ったりしました。生徒間は英語、タイ語、日本語のいずれかで会話していました。



【先生について 】 

 レベル3とほぼ同じです。先生との関係も日を追うごとに良くなっていき授業もどんどん楽しく感じてきます。



【授業について 】 

 大枠はレベル3と同じですが、文章の難易度とテーマが高度になったというイメージです。テーマについては、健康、文化や占いについてなどだったはずです。英語での説明がほとんどなくなり、タイ語で説明、解説されるようになるため、タイ語のリスニング力も鍛えられます。



 

7.コース紹介・レベル5

 


【 生徒について 】

 生徒も少しずつ減ってきて、生徒数は10名。内8名はレベル4からの進級組、残り2名が編入していた生徒です。その2名は、タイ在住30年以上でタイ人の奥様をお持ちのイギリス人と、小さい頃から外国に留学していたタイ人の2人です。2人ともとても流暢にタイ語話せて、わざわざ勉強する必要ないと感じるほどです。



【先生について 】 

レベル3、4とほとんど同じ先生。



【授業について 】 

 文章の難易度とテーマが格段に高度になりました。テーマはタイ経済、ビジネス、社会課題などについてです。さらに授業の説明はタイ語オンリーとなり、リスニング能力が低いとついていけません。


 また、スピーキングが強化を目的として、ディスカッションの時間が設けられました。総じて、4技能すべてで高いレベルが求められていました。



 

8.受講後の感想

 

 私が約5ヶ月間チュラ大INTENSIVE THAIに通った感想は、「最高!」の一言です。理由としては、短期集中で詰め込んで勉強することで、タイ語力も飛躍的に向上したこともありますが、それ以上に、様々なクラスメイトや先生と出会い仲良くなることができたことです。


 「タイ人スタッフやドライバーと簡単な会話がしたい」「買い物に行く際に困らないようにしたい」などの一般的なニーズには合っていないですが、タイ語を本気で勉強したいという方にはピッタリのコースだと思います。



日系損害保険会社(タイ駐在)N.S様寄稿


 

まとめ

 

 いかかでしたか?

『平日・日中・週5回』の受講が可能な方はチュラ大のタイ語コースも一つの選択肢になりますね。


 寄稿者の方は、チュラ大のタイ語コースと同時に、タイ語学校での学習も併用し、短期間でタイ語レベルが大幅に上昇されました。


「グループレッスン」で学び、「プライベートレッスン」で補い、アウトプットの練習をしていくことで相乗効果が発揮されたケースだと思います。


N.S様、貴重な体験談をありがとうございました。素晴らしいタイ語能力を活かして、今後益々タイでご活躍されることを祈念いたしております。


また、この記事がタイ語学校選びに悩んでいる皆様の一助になれますと幸いです。

(チュラもいいですが、弊校も忘れないでください😂)


 

無料体験レッスン受付中

 

EDINDはオンラインのタイ語学校です。無料の45分間の体験レッスンを行っています。

タイ語を学んでみたい方、興味がある方は是非、EDINDのオンラインレッスンを試してみませんか?。


オンラインなので『いつでも』『どこでも』。

渋滞の日も雨の日も、小さなお子様がいて外出が出来ないときも、日本からも旅先でも、スマホ一つで簡単に受講可能です。


レッスンは安心の日本語対応。

日本語検定N1またはN2以上の高い日本語能力を有するタイ語のネイティブスピーカーが優しく丁寧にレッスンします。


お問い合わせはLINE OFFICIAL で。


コース・プランは弊校のホームページをご参照ください。



click

無料体験レッスン案内




Advertisement of Thai Language School






Comentários


bottom of page